MENU

【移住シリーズ④熱海市】移住計画 in 熱海市!!支援や補助金が充実している熱海市の魅力とは!

夫アキラと、妻であるマキ。
そして1歳になる娘ミライちゃんの佐藤一家。
現在住んでいる世田谷区から同条件で家計費を安く抑えられる都市への移住を計画中である。
前回はさいたま市が候補に挙がったが、今回は……。

熱海市ってどんなとこ?


いつも通り、前回探した、さいたま市の思い話に花を咲かせるアキラとマキ。
今回のターゲットは、現在再開発が話題となっている熱海である。

アキラ「いやー前回のさいたま市だけど、やっぱ浦和レッズサポーターの自分としては、捨てがたいものがあったよね。それに、ミライちゃんも、鉄道博物館に行きたかったよねー?」

ミライ「きゃっ、きゃっ!」

マキ「ちょっと!ミライちゃんを巻き込まないで。まあ、確かに新宿まで一本で来られるアクセスの良さも含めて魅力的ではあったよね。」

アキラ「それで今回わたくしは、どの街を調査すればよろしいのでしょうか?」

マキ「また、またー、そんな『いつもそうなる』みたいな言い方してー。」

アキラ「おい、おい、認識してよー!と言いつつ、既に次のターゲットをロックオンしている俺。」

マキ「さすが、わたしの夫、で、今回はどこなの?」

アキラ「ふふふ、今回は熱海市だよ。」

マキ「熱海って、あの熱海だよね、温泉の。」

アキラ「そう、そう、あの熱海市。今、実は再開発で話題になってるんだよね。駅ビルなんかも新しくなっていて、昔のイメージとは大違いだから、驚くと思うよ。」

マキ「へー、熱海なんて、もうずいぶん行ってないから、昔の温泉街的なイメージしかないわ。」

アキラ「もともと海と山に囲まれて自然が豊富だったんだけど、観光地として再開発が進むことで、最近はどんどん便利になってきているみたい。さらに、温泉とか花火といった観光だけじゃなくて、子育て家族にうれしいサポートなんかも意外に充実しているんだよ。」

マキ「なるほど、新生熱海って感じなのね。これは期待できそう!」

熱海市の平均所得と東京の家賃・平均所得相場

熱海市の掴みもOKなところで、すかさずマキの質問攻撃が始まる。

マキ「じゃあ、恒例の所得相場から行ってみようか。」

アキラ「おう!熱海市の平均所得は303万円らしいから、東京の平均所得である615万円程と比べると、半分だね」

マキ「半分?マジっすか?!で、家賃とかはどうなの?」

アキラ「熱海市の家賃相場は7.98万円だね。世田谷区の10.56万円と比べると半分とはいかないけど、安くなっているよね。」

マキ「まあ、再開発で人気が出てきているのかもね。
とはいえ、今よりもずいぶん生活は楽になりそうな雰囲気だね。」

熱海市に移住したらこんな支援が!


マキ「熱海市の生活支援的な体制はどうなの?」

アキラ「とりあえず、子どもや高齢者に向けた一通りの助成とか、妊婦さんや子育て支援といったサポートは結構充実しているから安心だね。
とくに、『母子健康包括支援センターすくすく』っていう赤ちゃんを育てているママ向けのサポートは厚いみたい。」

マキ「おー、それはいいね。どんなことをやっているの?」

アキラ「出産前のいろいろな相談会とか、産後の各種ケア、面白いのは『ホテルでリフレッシュママ』って制度があって、ホテルでゆっくりランチをしたり、マッサージをしてもらったりできるようなサービスを受けられるみたい。」

マキ「それは素敵!ママ的な目線として、そういうサービスすごく重要だと思う。」

アキラ「他にも『親子ふれあいサロン』や、『熱海市ファミリーサポートセンター』といった家族ぐるみでお世話になっちゃいそうなサポートもあるから、子育てするにはもってこいの街かもしれないね。」

交通アクセスと目立った観光地

マキ「次は、気になる都心へのアクセスはどんな感じなの?」

アキラ「JR東海の新幹線と、JR東日本の東海道本線と伊東線が通っていて、新幹線なら熱海駅から東京まで47分だね。」

マキ「全然いいでしょ!」

アキラ「JRの鈍行でも、快速アクティーで戸塚経由の新宿まで1時間半くらいで行けるよ。」

マキ「全然、許容範囲!ちなみに、気になる観光スポットってあるの?」

アキラ「まあ、熱海だけに温泉は外せないよね!さっきも話した再開発の影響もあって、活気が戻ってきているみたい。」

マキ「それは、期待できそう。
他には?」

アキラ「夏はやっぱり、海!熱海サンビーチや長浜海水浴場といった、有名な海水浴場があるし、花火大会も楽しみだよね!」

マキ「うん、うん、最高だね!」

熱海市も際どいライン……だけどまだ探す佐藤家

アキラ「さあ、今回こそ決めちゃいなよ。」

マキ「うーん。」

アキラ「さあ!熱海に決めたって言っちゃいな!」

マキ「いや、熱海も中々いいんだけど、実はちょっと他にも気になるところが……。」

アキラ「おい、おい、先に言ってよー。
って、どこなの?」

マキ「実は、ちょっと千葉県の佐倉市が気になっておりまして。」

アキラ「はい、次のターゲット決定!調査しておきます。」

マキ「頼んだよ!」

まとめ

熱海市は、観光地というイメージに反して生活、子育て支援が充実しており、また再開発の影響で、どんどん便利になっている魅力的な街であった。
JRで都心へアクセスできるため、交通面も申し分なかったようだ。
しかし、佐藤家の移住計画は、まだ始まったばかり。
今後も、理想の移住先探しは続くのであった。

【佐藤家の定性評価】
<熱海市>
・通勤:東京まで新幹線であれば47分
JR快速アクティーであれば、新宿まで1時間半
・環境:海と山に囲まれており、夏場の海水浴と観光の目玉である温泉も外せない
・住宅事情:家賃相場が2万円以上安いから広い家に住めそう
・子育て:自然が豊かで子育て支援が充実している健康的で育てやすい環境
・特徴的な支援制度:赤ちゃんを育てるママをサポートする「母子健康包括支援センター すくすく」