MENU

【目指せ玉の輿】億り人と結婚するには?お金持ちに好かれる女性の特徴

最近話題のビットコインで儲けた人のことを「億り人」と呼ぶそうです。
また、億稼ぐ人という意味で用いられることもあります。

そんな億り人と、「是非、お近づきになりたい!」という女性はたくさんいると思いますが、中には結婚まで持ち込み、見事玉の輿に乗ったという強者もいるようです。

そこで「是非私も」という人に向け、億り人を落とす方法や玉の輿に乗る方法、そして億り人との話題に困らないためにビットコインに関する説明もしてみたいと思います。

ビットコインとは


ビットコインとは、一言で言えば「ネット上で使える仮想通貨の一種」のことです。
現在、仮想通貨は1,000種類以上あると言われていますが、中でもビットコインは、取引額、時価総額が最も高く、かつ最も知名度がある仮想通貨といえるでしょう。

【仮想通貨とは】

ビットコインの前に、「そもそも仮想通貨って何?」という声が聞こえてきそうなので、簡単に解説したいと思います。
仮想通貨とは、紙幣や硬貨などのように具現化せず、また公的金融機関も媒介しない、ネット上でのみで流通する通貨のことです。

クレジットカードのような決済手段の一つで、最近は利用できるサービスもどんどん増えています。
例えば、ビックカメラやコジマなどの家電量販店や、HISなどの大手旅行会社では、既にビットコインが決済手段として利用可能ということです。

【なぜビットコインが儲かるのか】
これほどまでビットコインが話題になっている理由は、簡単に言うと「儲かった人がたくさんいたから」といえます。

2017年の年明けには、1ビットコインは約12万円で取り引きされていました。
しかし、12月には約222万円と20倍近い価値に跳ね上がったため、一定数保有していた人達は文字通り大儲けできたというわけです。

ビットコインは今後、その利便性や価値がさらに高くなっていくと予想されているため、投資対象の一つとしても注目を集めています。

ただし、最近は仮想通貨が出回り過ぎたこともあり飽和状態になった感も否めず、一時期ほどの伸びはなくなっているというのが正直なところです。
従って、「ビットコインを買えば必ず儲かる」という時代は、既に終焉を迎えたともいえるでしょう。

億り人と結婚するには?


では、実際に億り人と結婚するには、どうすればよいのでしょうか。
金持ち達の好きなタイプの女性とは…気になるところです。

【玉の輿に乗れる女性の条件】

まず、大前提として億り人はモテますので、寄ってくる女性もたくさんいるということを認識しておきましょう。
そのため、明らかにガツガツしている女性は、嫌われやすい傾向にあるといえます。
例えば、顔に「玉の輿に乗りたい」と書いた女性が、鼻息を荒げながら寄ってくる様を想像してみてください。

結果は明らかだと思います。
従って、お金の話など一切せず、「玉の輿?何それ?」位のテンション方が、逆に興味を持ってもらえる可能性も高いといえるでしょう。

次に大切なのが、「マナーや常識を兼ね備えている」ことです。
とはいえ、一般的なレベルでも十分対応可能です。

レベルの高い男性と釣り合う女性になるには、普段の立ち居振る舞いがきちんとしている程度は当たり前なのです。
特殊な趣味でもない限り、あからさまに下品な雰囲気を醸し出す女性とは、流石に付き合わないのが普通かと思います。

最後のポイントとして、「男を上手く立てる女」であることが最も重要となります。
言い換えれば、モテる女性にとっての鉄板スキルともいえるでしょう。
特に億り人には、直近にわかりやすい成功体験がありますので、上手く相手を立てることが必須といえます。

言い寄ってくるあまたの女性の中から、選んでもらうためには、あなたといることで、極上の気分の良さを味わってもらう必要があるのです。

【どうやって玉の輿に乗るのか】

玉の輿に乗るためには、まずシンプルに高学歴、高収入の男性に標的を合わせる必要があります。
従って、医者やパイロット、広告代理店や商社、官僚や弁護士、ITベンチャーの社長、親が金持ちといった、わかりやすいターゲットを選ぶのが先決です。

とはいえ、重要なのは、どこでそのような男性に出会えるのかということでしょう。
手っ取り早い方法は、そのような男性が多く勤める会社に自分も勤めてしまうことです。正社員でなくても、派遣でも構いません。

また、そのような職場に通う友人がいる場合は、紹介してもらうのもよいでしょう。
アタリが出るまで婚活パーティーに行きまくるより、よほど確率も高いといえます。

まとめ

億り人を落とし玉の輿に乗るためには、熾烈な競争を勝ち抜くことが必須といえます。
そのためには、一人ではなく何人も億り人にアタックをかけることが重要です。

ですが、同じ会社の中や、友人に紹介してもらうだけでは限界もあるかと思います。
そこで、是非活用したいのが「婚活サイト」です。
最近は、相手の条件を詳細に絞り込めるサービスも多いため、一人でも多くの見込みを獲得し、是非憧れの玉の輿に乗ってくれれば幸いです。