MENU

ポイントで豪華賞品ゲット!何がもらえる?貯めるにはコンビニコーヒー何杯飲めばいいの?

最近コンビニやファーストフードのお店に行くと、「○○ポイントカードお持ちですか?」などと、聞かれることが多いと思います。

かくゆう筆者も、某ポイントカードを愛用しているため、ポイント欲しさにいつも同じコンビニを利用しているという始末です。
しかし、一心不乱に貯めているポイントですが、どのような特典に変えられるのかについては、あまり詳しく知らないものです。

そこで今回、「Tポイント」、「楽天スーパーポイント」、「ANA マイレージポイント」という著名なポイントを使うと何がもらえるのか…
また、コンビニコーヒーに換算すると、何杯飲めば特典がもらえるのかについて紹介したいと思います。

Tポイント


Tポイントは、【カルチュア・コンビニエンス・クラブ】が展開するポイントサービスで、全国の提携先でTポイントに対応したカードを提示すると、利用金額に応じてポイント貯めることができます。
貯まったポイントは提携先で使えるほか、提携先のポイントや商品などとも交換可能です。提携先によって異なりますが、概ね200円につき1ポイント取得できます。
還元率は、1ポイント1円分と考えればよいでしょう。

Tポイントといえば、多くの人が提携先の商品と交換したり、割引に使ったりすると思われますが、WEBサイトで商品に交換することも可能です。
最も高い商品は何かと確認したところ、「【シェ松尾】 松濤レストラン ペアディナーギフトプラン:53,100ポイント」という商品を見つけました。
では、これを一般的なコンビニコーヒー(Sサイズ)100円(税込)を何杯飲めば交換できるのか、シミュレーションしてみましょう。

まず、コンビニコーヒーの値段は100円であるため、一杯飲むと0.5ポイント溜まる計算となります。
商品は53,100ポイントですので、単純計算で2倍の106,200杯コーヒーを飲めば獲得できるという、なかなか険しい道のりです。
目を引く商品ということで、「New ニンテンドー3DS LL」も同様にシミュレーションしてみました。
25,150ポイント必要ということなので、これも倍の50,300杯コーヒーを飲めば獲得できます。

楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイントとは、楽天が運営するポイントサービスのことで、楽天が展開する各種サービス及び、全国の加盟店でも利用可能です。
ポイントは基本的に100円で1ポイント付与され、還元率は1%が基本ですので、1ポイント1円と考えればよいでしょう。
楽天スーパーポイントは色々なポイントへの交換やサービスの利用、公共料金の支払いなどでも使えるのがうれしいところです。

数ある提携サービスの中でも最もお得にポイントを使えそうなのが、やはり楽天グループのサービスでしょう。
では、楽天トラベルで166,800円の沖縄ツアー(3月31日~4月2日 大人2名 羽田~那覇)に行くにはコンビニコーヒーを何杯飲めば行けるのかシミュレーションしてみることにします。
単純計算で、166,800杯飲めば行ける計算という遥かなる道のりです。
そこで、もう少しハードルを下げて、楽天ポイント限定で交換できる、「お買いものパンダ」グッズの一つである「スーパーボウルセット」3,500ポイントであれば、3,500杯でゲットできます。

ANA マイレージポイント


ANAマイレージポイントとは、ANAマイレージクラブの会員が飛行機を利用した際や、提携店などでサービスや買い物をした際などに付与されるポイントのことです。
また、他のポイント同様に提携カードも多く、毎日の買い物などでも貯めることができます。
ANAカードを使ったマイルへの還元率は0.5%が基本です。ただし、マイル移行手数料(6,480円が基本)を支払うことで、還元率を1%にすることもできます。

ANAカードを使う人の目的は、概ねがマイルを貯めることだと思われます。
旅行の定番ということでハワイへの航空券(往復一名分)でシミュレーションしてみたいと思います。
ハワイのレギュラーシーズン往復チケットには、40,000マイル必要となります。

マイル移行手数料を支払わない場合、0.5%の還元率ということです。
そのため、単純計算では800万円相当の買い物をする必要があるという計算になります。
つまり、コンビニコーヒーに換算すると、8万杯とになります。
ただし、マイル移行手数料を支払えば、半分の4万杯で獲得できますので、多少光明も見えてくるかと思われます。

キャンペーンや提携先によって還元率は異なる

今回、ポイント毎にシミュレーションしてみましたが、正直現実的ではないと思われている方も多いことでしょう。
しかし、今回はあくまで基本的な還元率をベースにしているため、実際はもっとお得にポイントを取得する方法がたくさんあると思われます。

また、利用するカードによっては、基本の還元率そのものが違うものも存在します。
従って、キャンペーンや提携先の条件などを細かくチェックすることで、憧れの商品をもっと簡単に獲得できるチャンスもあります。
あきらめずにチャレンジしてみてください。