MENU

【ドルを両替することになったら】外貨両替する時にできるだけ損しないオトクな方法とは

外貨両替をするには空港や銀行、両替所、ホテルなどを使った様々な方法がありますが、損をせずにお得に外貨両替をするにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は両替する外貨をドルとして、アメリカで旅行することを想定した様々な外貨の引き出し方法についてご紹介します。
※なお、外国為替相場や金利の変動等により、状況は変わる可能性もあります。本記事は参考情報としてご理解いただき、実施にあたっては、ご自身の責任で行ってください。

手数料でみたらアメリカより国内のほうがオトクな可能性が高い


旅行などで海外にいく場合、必ず行わなければいけないのは外貨両替です。
ドルの外貨両替は日本でもアメリカでもできますが、どちらで両替したほうが損をせずに済むのでしょうか?

ドルなどのメジャーな通貨は、日本国内でも両替手数料が低く設定されていることが多いです。
つまり、流通量が多い通貨であれば、外貨両替のニーズも高いということ。
そのため、手数料を安くしてユーザーを取り込んでいます。
アメリカで円からドルに外貨両替するよりも、日本で両替して行ったほうが損をしにくいのはこのためです。

外貨両替は空港の両替所や銀行、両替ショップ、郵便局などでできます。
日本国内はどこも大きな差がないので、時間がある場合にはそれぞれの手数料を比べて選ぶのも良いかもしれません。

アメリカと比べると国内のほうがレートが高い!しかし国によっては反対の場合がある

外貨両替の目安となる為替レートは、両替所や場所によってもレートが異なります。
ドルの場合、日本では手数料だけではなくレートも高いため、外貨両替の際さらにお得になります。

しかし、どんな通貨に対しても、国内での外貨両替がお得なわけではありません。
ドルは比較的国内のレートが高いです。
しかし、他の通貨は国外の方が高い場合があります。
特に米ドルや日本円、ユーロ、英ポンド、スイスフラン以外の通貨で、流通量が少ない「マイナー通貨」と呼ばれるものは海外のほうが、レートが高く損をしない可能性があります。

旅行先として人気のアジア諸国はメジャーな通貨である円の需要が高いこともあり、現地で両替をしたほうがお得です。

また、それぞれの国によってはどこで外貨両替をしたほうが損をしないのかが変わります。
例えば、韓国ウォンは公認両替所、台湾ニュー台湾ドルは空港や銀行、タイのバーツは両替所を使ったほうがレートが高く両替できる可能性があります。

【外貨両替不要】クレジットカードでオトクにお買い物


旅行の際に現金を持って移動するのは、盗まれたりなくしたりする危険があるので不安ですよね。
現金は一度なくなってしまうと戻ってくることはまずありませんし、足りなくなった時にいちいち両替をするのも大変です。

そんな時にオススメなのは、クレジットカードとのダブル使いです。
クレジットカードだと、現地で現金を出さずに決済をすることができるうえに持ち運びも簡単です。
さらに嬉しいのは、現金よりもレートが高いことが多く金銭面でも損をせずに済むのです!

ただ、お店によってはカード払いができないこともあります。
そういう時のために現金も少額保持しておきながら、クレジットカードをメインで使うことをオススメします。
レストランでのチップやタクシー代、道端で飲み物や食べ物を買う時のことを考えて現金を準備しておくといいでしょう。

手数料が外貨両替より安い海外キャッシング

予想外の出費に現地で現金が足りなくなってしまうこともあります。
そんな時に使えるのが海外キャッシングです。
所有しているクレジットカードを使い旅先のATMで現地通貨を引き出すことができます。

海外キャッシングは、現地で簡単に必要な分だけお金を引き出せるだけではなく実は外貨両替よりも手数料が安くなることがあります。
カード会社やATMによっても異なりますが、手数料が100円〜200円という小額なところもあり、お得に現地通貨を引き出せることが魅力でしょう。

注意点として、海外キャッシングを利用するにはご自分のカードが対応しているのかどうかをまず確認しなければいけません。
また1日の引き出し上限額が決まっているため、上限額を超えて現地通貨を引き出したい場合には、両替所や銀行など他の方法を利用しましょう。

まとめ

ドルを円に外貨両替する時には、日本国内で行ったほうが手数料やレートの面でお得になることをご紹介しました。
また安全面からみても旅行には少額の現金を持っていき、大きな買い物の際にはクレジットカードがオススメです。
もし、現金が足りなくなったら海外キャッシングを使う方法が損をしないで済みます。
旅先で困らないようにご紹介したことを試してみましょう。