MENU

【簡単に家計を旦那と共有!】無駄遣いを食い止める家計簿アプリの強み

いつも家計を管理している28歳の妻サキ。
今月は特に家計が厳しいのに、30歳の夫ショウタは注意を向けてくれません。
なんとか家計に対する危機感を持ってもらうために、サキはショウタと家計簿アプリを共有して家計状況を知ってもらうことにしました。
果たしてどのような変化があるのでしょうか?

紙の家計簿を見ない旦那に危機感を持ってもらうには


家計の管理を紙の家計簿で細かく行っているサキ。
正直面倒だけど、記録しないと家計の赤字や浪費につながるため几帳面につけ続けています。

今月は友達の結婚式も多く、ご祝儀などの臨時出費が多かったことで家計が苦しい……。
そんなふうに悩んでいるところに、サキの夫ショウタは「アレが欲しい」、「アレが足りない」と自分の要望ばかり!

紙の家計簿を見せても難しいといってちゃんと見てくれなかったり、説明してもあまり理解してくれなかったりとイライラが募っていたサキ。
そんなときに前に友達が家計簿アプリを使って、夫と家計管理を共有しているといっていたことを思い出しました。
そこで早速、サキはスマートフォンで家計簿アプリを探してみることにしました。

家計簿アプリは簡単に家計簿をつけられて便利


家計簿アプリとは、スマートフォン上で簡単に家計簿を作成できるシステムです。
自分でわざわざ電卓などを使って計算する必要もなく、家計簿アプリ上で収入や支出を入力するだけで簡単にアプリが計算してくれます。

家計簿アプリとカメラを連携させれば、買い物のレシートを写真で撮ってアプリに送信するだけで簡単に家計簿をつけてくれる機能があります。
商品のカテゴリーや商品名なども細かく入力してくれるため、家計簿をつける手間や時間を省くことができます。

また、家計簿をつけ終わった後は家計簿アプリが自動で計算し、グラフや表でわかりやすく家計の状況を教えてくれます。
どのカテゴリーの出費が多いのか、今月は赤字なのか、前月と比べて収支がどのように違うのかなどを簡単に把握できます。
ビジュアルでもわかりやすいので、毎月ゲーム感覚で楽しく家計簿管理ができます!

家計簿アプリを使ってみた結果

家計簿をつける手間を省くためにも、サキは家計簿アプリを早速ダウンロードしました。

ショウタ「さっきからレシートを撮影して何しているの?」

サキ「これは家計簿アプリっていって、こんなふうにレシートを撮影したら自動で商品名とか金額とかを入力してくれるの!だからショウタもレシートをもらったら取っておいてね。」

ショウタ「へー、グラフとか色でどのぐらい何にお金を使ったかわかるからいいね。」

サキ「そうなの!家計簿アプリを使い始めて家計管理が簡単になったし、何よりアプリの分析で浪費も少なくなってすごく得しているんだ!スマートフォンで入力するだけだから、買い物した後にすぐ家計簿がつけられるんだよ。」

ショウタ「それは便利だね!でも僕の分の出費は簡単につけられそうにないよね?」

サキ「私が使っている家計簿アプリは共有することができるの!だからショウタともアカウントを共有すれば同じ家計簿を管理することができるんだよ。」

ショウタが家計簿アプリをダウンロードしてから1ヵ月。
お互い出費には気をつけるようになり、ショウタも家計の状況を細かくチェックするようになったので、サキは大満足していました!

家計簿アプリのデータ共有機能は超便利

家計簿アプリには、その種類によってもさまざまな機能があります。
特に夫婦で家計を管理するときに便利なのは、サキとショウタがやったような「データ共有機能」です。
インターネット上で家計簿が管理されているので、アカウントを共有しあえば夫婦それぞれで収支の記録をつけることができます。

夫婦で家計簿を共有することで、より家計の状況に敏感になります。
また、もし収支をごまかそうとしても全体の月予算を設定したり、残額と照会したりすることができるのでごまかせません。

ほかにも家計簿アプリによっては、クレジットカード会社や銀行口座と連携しているアプリもあります。
そのためカードの使用状況や残額の照会などが簡単にできるのも魅力的です。

各家計簿アプリ比較表

今回紹介した家計簿アプリですが、実はいくつか種類があります。
下記の表にまとめましたので参考にしてみてください。

Zaim マネーフォワード Moneytreee
ユーザー層 20代~30代 20代~40代 20代~40代
ダウンロード数 750万件以上 650万件以上 400万件以上
連携銀行口座 1,311口座 2,304口座 2,331口座
有料版の金額 360円/月 500円/円 500円/円
強み・特徴 細かくお金の管理をしたい人にオススメのアプリ。
医療費控除額などのを自動支出してくれる。
全て自動で記録したい人に向いている。
有料版にすることで連携可能数が無制限になることがポイント。
広告が無く見やすい。
データの保管期限が無制限なため、過去のデータと比較できる。

まとめ

サキとショウタは家計簿アプリを使うことで、家計管理を簡単にできただけではなく、家計に関する意識も共有できるようになりました。
家計簿アプリによっては、データ共有やカードとの連携など高機能なものもあります。
ぜひ、いろいろな家計簿アプリからご自分に合うものを見つけてください。