MENU

富裕層はケチが多い?その理由を解き明かすとケチではなくお金の使い方が上手だった

いわゆる富裕層と呼ばれる人たちの中には、実はケチと呼ばれる方が多いのはご存知でしょうか。
彼らは、お金があるからといって何でも買うというわけではなく、本当に自分に必要なものだけにしかお金を使わない傾向があるそうです。
そこで今回は、富裕層はケチと呼ばれることが多い理由についてご紹介します。

富裕層はケチが多いって本当?


「富裕層」と聞くとお金を派手に使うイメージをする方もいらっしゃるかと思いますが、実はそんなことありません。
たとえお買い得なセール品であっても、自分に必要ないと思ったものに対してはお金を使わないようです。
よって、富裕層の方はケチなのではなく、「無駄遣いをしない」方が多いのです。

富裕層はお金の使い方が上手

前述したような違いは、別のシーンでも見られます。

いつもケチに見える人が、飲み会の場でサッとお金を出すケースは多いです。もしかしたら、自分がお金持ちだということを見せびらかしたい欲望もあるかもしれないのですが、実はそれだけではありません。
なぜなら、富裕層の方は食事や飲み会を『投資』と捉えているからです。

一般的に、遺産相続などせずに、裸一貫でお金持ちになるためには、事業や投資といった何らかのリスクを背負う必要があるものです。
食事や飲み会は、意外に重要な情報が得られる場所といえます。
会社の接待とは異なり利権も絡まないため、一次情報が得やすいというメリットがあるのです。
よって、富裕層の人は食事や飲み会を「投資」と捉え、自らお金を支払う方が多いのです。

このように、普段はケチに見える人ほど、自分が使うべきものに対してお金を使っているというわけなのです。

価値を見出せないものを無理に買わない


「安物買いの銭失い」とはよくいいますが、安いセール品やB級品を買ってすぐにダメにして新しいものを買うといった経験はありませんか。
これに対し、多くの富裕層は、自分にとって不要な買い物は決してしないものです。
富裕層の人は、自分の生活スタイルを想像したうえで、長く使えて損をしない買い物をすることが正しい買い物であると認識しています。
つまり、必要に迫られた際の判断力に長けているため、みんなが買っていても先を考えて買わないことも多いのです。

したがって、富裕層には派手に豪遊する人はいても、むやみ買い漁る人はほとんどいないということがお分かりいただけると思います。
つまり、自分にとって価値を見出せないものを徹底的に省き、本当に必要のあるものにだけお金を使える人が富裕層なのです。
この習慣を真似するだけでも、富裕層に一歩近づくことができるかもしれないので、是非お試しください。

お金持ちの秘訣は無駄をなくすこと?

ここまで紹介したように、お金持ちの秘訣とは何も事業や投資で成功してお金を得ることだけでなく、普段の生活から徹底的に無駄をなくすことともいえます。
自分にとって本当に価値があるのかさまざまなシーンで見極め続けることで、生活そのものが洗練されていき、その結果お金が貯まるという図式ができあがってくるのです。
したがって、普段、安いものを選んで買っているのに一向にお金が貯まらないという人は、それが本当に必要なのかを吟味した後に購入するべきかもしれません。