MENU

独身女性は賃貸・分譲どちらに住むべき!? 20年後の自分に向けた、賃貸・分譲の選択テクニック!

20年後の暮らしは、あなたはどこでどのように暮らしているのでしょうか?
あなたのライフプランにあった、選択テクニックをつかっていきましょう。
賃貸・分譲ともに料金形態は月額やローンや一括などと変わってきます。
10年を節目として女性のライフステージに沿った提案に加え手続きや管理などで困ることも多々あると考えられるのでその情報も織り交ぜていきます。
では、最初に賃貸と分譲の比較から見ていきましょう。

賃貸のメリット・デメリット

賃貸のメリットは、簡単に引っ越しができること、管理を大家さんに任せることができる。
などと、家をもつ責任が分譲マンションを購入するよりも低いことが言えます。
長い人生で、様々な出来事があります。営業ならば突然の辞令で転勤や、家族の都合で引っ越ししなければならないなどイベントが起こります。
その時に、賃貸は融通が利くのです。
一昔前と比べ、敷金・礼金無料が多い中、最低以下の費用が考えられます。

予想される賃貸の費用

■無料が多いもの

1.敷金(家賃一か月分が多い)
2.礼金(家賃一か月分が多い)

■ほぼ確実にかかるもの

1.家賃
2.仲介手数料(不動産会社による)
3.保証料

このように、引っ越すまでの期間のみ払えばよいのが賃貸の特徴です。
次にデメリットについてです。
分譲マンションのように購入したものではなく借りているため、手を加えることができない・壊せないなど自由が制御されます。
先述に、引っ越すまでと書きましたが引っ越さない場合購入するよりも障害払いつづける額が高くなるという懸念点もあるので、長く同じところに住み続けるという人には賃貸マンションはお勧めできないでしょう。
女性にとって、手続きなどが簡単ではあるのでその点は良点といえるのではないでしょうか。

分譲マンションのメリット・デメリット

賃貸マンションについて先ほど書きましたが、分譲マンションを次に見ていきましょう。
分譲マンションは賃貸物件にくらべて、クオリティーの高いものが多く購入するものなので内装も自由が効き制約もないことが利点です。
かかるコストも生涯住み続けると考えたときに、賃貸よりも安くなることも考えることができます。
しかし初期投資で考えるとかなり高いものであることは間違いなく、以下の費用が考えられます。

予想される分譲の費用

■購入費用(頭金・ローン)
■固定資産税
■共用エリア整備の管理費
■駐車場代(利用者)
■修繕費(老朽化など)

この費用が分譲マンションのデメリットであると考えられます。
長年居住することによる劣化に対する修繕の費用が自分持ちであることが言え、これが定期的にかかってくることが予想されます。
しかし、ローンを払い終えることが出来ればこの修繕費や諸費用でよくなることは確かです。
家族との将来的な同居も、分譲マンションのスペックであれば困らないと考えられます。

将来を考えてどちらを購入するべきか。

2008/05/13 16:59


賃貸、分譲マンションのメリットとデメリットに関して説明をしてきて、まとめると…

賃貸 → 融通は利くが家賃や制約など長期で住まうことは望めない。引っ越すことが多い人向け。
分譲 → 初期投資とローンは高いが、個人資産となるため資産運用の材料になる。家族との同居も望めるため、親との同居を考える人にもおすすめ

収入が多く貯蓄もある人ならば定年後のローン返済も苦しくはないですが、厳しい人ならば賃貸のほうが
月の出費は少なく済むでしょう。
しかし、老後の孤独死の問題などから更新拒否に遭い、住むところがなくなるというリスクもあります。
トータルで考えると、分譲マンションのほうが資産になり上手にローンを活用すれば、生活苦ということ
も起こりにくいでしょう。
ここで大切なポイントが、定年前にローンを完済することです。
これにより、ローンの恐怖に追われることもなくなります。

まとめ

シングルで活躍する女性におすすめするのは分譲マンションとなりましたが、自分の人生の20年プランを出して自分の組めるローンの見積もりを出すことを含めたシミュレーションを入念に行った後に、賃貸か分譲かを決定することをお勧めいたします。